2017年09月01日

嫌われる口調

あなたは女性の前でカッコつけようとして、
難しい言葉を使ったことありませんか?

女性の前だけではなく
初対面の人の前だったり、後輩の前だったり。
それが好きな女性の前だったら尚更です。

この気持ち分かりますよね?

あと男友達同士話しているときでも
気になる女性が近くにいたりして、
こっちの会話がなんとなく
聞こえる距離にいたりすると、あえて聞こえるような感じで…

「この前の〇〇がさー」
「最近の〇〇がさー」
「〇〇って知ってる?」

あなたもそういう経験ないですか?
みんな一度は経験あると思うんです。
だって男って生き物は基本、プライドの高い生き物ですから!

それでもいいと思うんです。
難しい言葉を使う分には
だって難しい言葉を使う前に、自分で
その言葉の意味や情報を収集した努力って素晴らしいじゃないですか。

あと、

難しい言葉を使っていると知的そうだし
実際にモテるケースもあると思うんです。

しかしここで注意してほしいことがあります。
それは世の中にはそういう女性だけではないと言うことです

それが
あなたの好きな女性だったら。
または気になる女性だったら全て台無しですよね?

「この人、なんだか難しい…」
「気持ち悪い…」
「変な人?」
「ナニ人?」
「イミワカンナイ…」

そういう女性の気持ちに
気づかないあなたは
知らずのうちに、どんどん嫌われていき
会話はあなたの一方的になり
最初は楽しかった会話も
次第に女性は口数が減り
最後は彼女の顔からは消えていることでしょう。

また、直接会話をしている場合でも
あなたが友達同士で話している声が聞こえてくると
その近くにいた女性達は
気がついたらその場を去っていることでしょう。

それってあなたが望んでいることでしょうか?

そういう事態にならないために
それらを避ける方法を今日は伝えていきたいと思います。

それでは
好きな女性からは知的に思われ、
女性達からは嫌われない会話をする方法とは?


それは
「ワンアシスト・ワンゴール」です。

この「ワンアシスト・ワンゴール」とは
ワンアシスト
(難しい言葉のあとには翻訳を)
ワンゴール
(難しい言葉は一回の会話で一つまで)という意味です。

普通はスポーツでよく使われる言葉ですが、
男女間の会話でも使える言葉なんです。

そもそも難しい言葉を使いたがるのは
相手に知的に思われたい心理が働いているからなんです。

しかしその言葉自体が
相手に伝らなければ、彼女は会話中ずっとその言葉の意味を考え、
その後のあなたの話しが頭に入っていきません。

それを回避する為に、難しい言葉を使ったあとは
使ってしまったなと思ったあとは必ず
その言葉の意味を伝えるようにしましょう。

すると彼女は
その言葉の意味を考える必要はなくなり
その後のあなたとの会話も楽しめます。

また、
そこまでの気遣いをしてくれた優しさに
心の中では感謝をし、
その優しさが彼女の感情を揺さぶるのです。

そして、
一回の会話で一つまでに留めた方がいいのには、
人間は二つ以上の新しい言葉をなかなか覚えられないからです。

あなたも、むかし学校で難しい漢字を勉強したとき、
いまでも会社で新しくカタカナ言葉を
初めて耳にしたとき頭が混乱したと思います。

思い出して下さい。

一回の話の中で覚えられたのって
せいぜい一つか二つくらいじゃないですか?

女性との会話も同じことなんです。
ましてや、会話は楽しむものです。

授業や仕事じゃありません。
女性との会話を楽しみ、女性を喜ばせるためのものです。

女性は昔から会話が好きな生き物です。
そんな女性を困らせてはいけません。

分かりますよね?

では女性との会話で実際に
どのような行動してみたらいいいのでしょうか?

STEP1
知的に思わせるには少し難しいくらいの言葉が必要です。
なので、日頃からネタ帳を準備しておき言葉と意味をメモしておきます。

STEP2
目当ての女性と会話することが事前に分かっている場合は、
その女性と関係する言葉選びをします。
同じ職場なら仕事に関係する言葉選び、
職場が別なら、
彼女の趣味や好きなもの、関心のあるジャンルに関する言葉選び

STEP3
先ほど伝えた
「ワンアシスト・ワンゴール」を使います。
バランスの取れた知的さと優しさが彼女の感情を揺さぶります。




好きな女性と会話する時のコツ、
相手に合わせて話すことについてまとめました。
好きな女性と会話する時は、相手に合わせて話す
TARU'S DOOR

fromタル



ランキング参加中♪クリックお願いいたします。m(_ _)m

人気ブログランキングへ
posted by タル at 22:23| お薦めや体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする