2017年09月06日

読者に読みたいと思わせる文章

新聞、ネット記事、雑誌、、、
なんでも良いのですが、
何かしらの文章を読んだ時、

「途中で読むのをやめてしまうもの」
「最後まで読み込んでしまうもの」

これら2つに分かれるかと思います。

この2つの文章の違いは何なのか。
あなたは答えられますか?


「途中で読むのをやめてしまう文章」
「最後まで読み込んでしまう文章」


この2つの文章の違いは何かというと、

「読む人が“自分ごと化”できるかどうか」

ここに違いがあるのです。


文章を読んでいて、

・まさに自分のことじゃん!
・自分が興味あった話だ!
・自分と同じ境遇の人がいる!
・自分が求めていたのはこういうことだったんだ!

こんな時に読者は「自分ごと」しています。


特にメールやブログは
不特定多数の人に対して発信するものですよね。

読者にとってみれば、
今立ち止まってわざわざ読まなくてもいいものです。

つまり、あなたがブログやメルマガで紹介するものも、
読者からすると、今わざわざじっくり読む必要はない。

そう考えている人がいっぱいいるということです。

当然顔も知らない人たちなので、
一人ひとりと直接向き合って、
必要性を問くわけにもいきません。


そんな中であなたが紹介するものを
相手に“自分ごと”として感じてもらえるかどうか。

ここが大きく成約率に影響すると言えるでしょう。


では“自分ごと”として捉えてもらうために、
どんなことを気をつければいいか。

いちばん簡単かつすぐにできるのは、自分の成功体験です。

例えばFXであれば、

「私はこれまでいろいろなFXのロジックを試したけど、
 どれもうまくいかなかった。
 でもこのロジックを実行しただけで本当に一週間で10万円稼げました!
 本当にビックリです!今後はこのロジック1本でいきます!」

このように体験談は、
ロジックを実践した時のシーンや、
その時の気持ち、感情を伝えることができます。

そのロジックを試したことがない人にとっては、

自分の求めているものが満たされるかどうか
事前の判断材料になるのです。

また「自分が求めていたのはコレだったんだ!」

というこれまで自分でも気づいていなかった
新たなニーズを掘り起こすこともできる
というメリットもあります。

だからこそ、体験談が効くのです。


ここで大切なのが、
体験談を自分ごとできない人に伝えても意味がありません。

どういうことかというと、

億万長者に対して、
「こんな私でも10万円稼げました!」
と言っても、即スルーされてしまいますよね。

つまり、
・どんな人に「自分ごと」させたいのか。
・どんな人なら「自分ごと」してくれるのか。
・どんな人が思わず「自分ごと」してしまうのか。

ターゲットを明確にしてから、
このスキルを使ってみてください。



アフィリエイトについてまとめました。
アフィリエイトの攻略方法
TARU'S DOOR


fromタル



ランキング参加中です♪
クリックお願いいたします。m(_ _)m

人気ブログランキングへ
posted by タル at 22:13| お薦めや体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする