2017年01月22日

女性に対する 魅力的な声の出し方のトレーニング

◯◯で女性を魅了出来るようになる
マル秘トレーニング法を伝授します。

「トレーニングをするといっても
 協力を頼める女性も、お金もないよ。」

と思ったなら心配無用です。

このトレーニング法は
一人で出来るし、お金もかからない
誰でも簡単に彼女が出来る
魅惑の◯◯が手に入る方法です。

この方法であれば
どんな顔がブサイクでも
どんなに性格が歪んでいても
簡単に女性を魅了できるようになってしまいます。

ですので、あなたが正しい心を持った人であることを
祈りつつこれからそのトレーニング法を書いていきます。


◯◯に入る言葉は、ズバリ声です。


声は恋愛において最も重要な要素の一つです。

米国の心理学者アルバート・メラビアンが
人が相手に与える印象についての
研究をしていますがそれによると

話す内容などの言語情報が7%、
声に起因する聴覚情報が38%、
見た目などの視覚情報が55%の割合で

影響していると言われています。


つまり、女性はあなたの印象の約4割を
声で判断しているということです。

女性の中には声を聞いただけで一目惚れをして
結婚してしまったという人もいます。

それは極端な例ですが、
女性は本能的に魅力的な声に惹かれてしまいます。

大前提として、
男性として女性を惹きつける魅力的な声とは
パワフルで迫力のある声だということを認識してください。

ただの大きい声が女性を惹きつけられるわけではありません。
声量ではなく、声質がそうならなければ意味がないのです。

まず、声を出すときに姿勢に気をつけてください。
姿勢が悪ければ、横隔膜の機能と呼吸が制限されてしまい
声から力が失われてしまいます。

話すときはいつでも上半身を
一直線に伸ばす癖をつけましょう。

頭の上からあなたを釣っている糸を想像し、
それをピンと上に引っ張るイメージです。

軍隊のように極度に上半身を緊張される必要はなく、
適度にリラックスして姿勢をとりましょう。

姿勢を正したら、次に深呼吸をしましょう。
胸が膨らみ肺に空気が満たされるのがわかりますね。

肺に空気がしっかり入っていると声が出しやすくなります。
話す前に、深呼吸をして
肺にしっかり空気を入れる癖をつけるようにしてください。


声は遺伝で全て決まるものではなく
トレーニング次第で魅力的な声を手にいれることは可能です。

誰でもできるようにまとめましたので
是非実践して魅惑の声を手に入れてください。

トレーニングに用意するものは、


声を録音できるレコーダー(パソコン、スマホも可)
大声を出せる場所

以上です。なければなしで行って構いません。

大声の出せる場所に
レコーダーを持っていくか
協力してくれる人と一緒に行き
レコーダーもしくは協力者から大股で3歩離れます。

深呼吸をして、止めて、ゆっくり吐き出す
これを3回繰り返してください。
3回目の吐き出す時にいつもの声量で
「いつもの声でこんにちは。」と言ってください。

レコーダーで録音した声を聴くか、
協力者にどう聞こえたか聞きます。

元の位置に戻り、今度はレコーダーや協力者の
2〜3メートル上をめがけ同じやり方で発声してください。

レコーダーや協力者に確認し、変化があったか聞きましょう。

声はボールで弧を描いて相手を越えていくとイメージして
発声してください。

今度はレコーダーや協力者から大股で6歩離れ
声のトーンが変わらないようにして
「いつもの声でこんにちは。」と
声量を上げて言いましょう。

更にそこから3歩(計9歩)離れ
ボールのイメージを忘れないようにして発声をします。

声のトーンを変えず、
大きい声を出すことに慣れるまで
トレーニングを繰り返してください。

トレーニングをしてみるとわかりますが、
あなたが聞いている自分の声と
人が聞いているあなたの声とではギャップがあります。

普段あなたがこれでいいだろうと出している声が
小さく不明瞭だと相手に思われてるかもしれないのです。

このトレーニングによって
距離ごとの適切な声質や声量を理解し
相手にハッキリと聞こえる
魅力的な声の出し方を身につけることができます。

魅力的な声を手に入れ
口説き文句を頭を抱えて考えたり
デートで気を遣うことに労力をかけることなく
ただの会話で気になっている娘を魅了できるようになりましょう。



JURI先生は恋愛・婚活スタイリストです。
彼女が欲しい! 女性とうまくコミュニケーションを取りたい!
でも、何故だかうまくいかない…。
そんな恋に悩む男性の応援をしてます。
JURIが教えます!正しい彼女の作り方.パーフェクトマニュアル
TARU'S DOOR


fromタル



ランキング参加中♪クリックお願いいたします。m(_ _)m

人気ブログランキングへ
posted by タル at 19:10| お薦めや体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする