2017年07月02日

【野球理論】動体視力を鍛える

野球の練習の際、
「技術を磨くぞ」
「体を大きくするぞ」
と意気込んで練習していると思います。

もし
体を大きくする必要もなく
技術練習しなくても
打てるようになる方法があったら
知りたくないですか?

実はあるんです。

しかもプロ野球選手もやっていることです。

これを知ることで
あなたのバッティングの能力は開花します。

今まで打てなかった自分とは
見違えるほどの強打者へと変貌します。

相手に気にもされない打者だったあなたが
要注意打者へと変わります。

もし
知らなければ
あなたのバッティング能力は
これ以上上がることはありません。

どんどん周りに
置いて行かれる自分を
情けなく思う日々が続くでしょう。



プロ野球選手も行っているトレーニングとは?

技術練習をしなくてもいいトレーニングは
動体視力です。

この動体視力を鍛えることで
一流の投手の球さえも
あなたの目では普通のボールになるのです。

動体視力を鍛えると
動いているボールが
はっきりと見えるため
選球眼が上がり
ボールが止まって見える感覚になると思います。

動体視力を鍛えると
なぜボールがはっきり見えるのか、
それは視野が広がるからです

例えば
高速道路で100qで走っている車に乗っているときに
トンネルに入った時に
同じスピードなのに外で走っているよりも速く感じませんか?
これはトンネルによって
視野が狭くなっているので速く感じているのです。

野球だと
動体視力が弱くて視野が狭いと
ボールが速く感じます。

この動体視力を鍛えることで
ボールがゆっくりに感じるのです。

ということは
技術を上げなくても打つことができます。
打率も必ず上がります。


YouTubeに、動体視力を鍛えるための動画が。


野球上達のコツをまとめました。
日本の野球を世界一に!!!
TARU'S DOOR

fromタル



ランキング参加中です♪
クリックお願いいたします。m(_ _)m

人気ブログランキングへ
posted by タル at 17:57| お薦めや体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする