2017年08月15日

貧乏神に負けない夢を諦めない力

自分が本気でやりたいことや夢を口に出した時、
辛いことを言われた経験はありませんか?
通称「貧乏神」と呼ばれる人たちの心もとない発言。辛いですよね。
でも、そういう人たちってどこにでもいるんです。
  
だから、その言葉で傷つくくらいなら、
そういう貧乏神たちを上手く使って、夢を叶える力に変えましょう。
 
意気消沈するどころか、逆にやる気が上がるその方法を教えます。
 
今の世の中、本気で夢について語ったり、
「本当の人生とは!」なんて言ったら鼻で笑われたり、
どうせお前には無理だと言われたりします。  
このような発言をする人を「貧乏神」と呼びます。  
できれば会いたくない存在です。
 
要は、前向きな気持ちをへし折って、意気消沈させてくる人のことですね。
考えただけで嫌な気分になります。
 
貧乏神が厄介な理由:身近な人ほどなりやすいから
そんな貧乏神ってマジで厄介なんですよ。
あなたにとって身近な人ほど心をへし折ることを言ってきますからね。
家族、親友、恋人などなど。自分が大切にしてる人ほど、貧乏神になりやすい。
 
なんでかっていうと、あなたのことを心配してくれてるからです。
夢ややりたいことに向かって挑戦した結果、
あなたが失敗して痛い目に遭う。
それがその人たちにとっても、苦痛なんです。

 
夢を叶えるにあたって貧乏神は大敵になります。
本日は夢を叶えたいけど、自分の夢を阻む貧乏神への対処法!
そんな厄介な貧乏神への対処法を考えてみました。


大きく分けて3つあります。

対処法@:一時的にでも人間関係を絶つ!
貧乏神になってしまった人と距離を取るという方法。
永遠にじゃなくていいので、しばらくの間距離を置くことは効果的かもしれない。
これならお互いのためにいいですね。

対処法A:言われてもとことん無視する!
2つ目は、何を言われても気にせず、相手にしないという方法。
「ああ〜人生うまくいってないんだな〜」って思って聞き流せばいいんです。
英語で「Mind of your own business」ということわざがありますが、その通り。
「あなたには関係ないでしょ」と突き放しましょう。

対処法B:そもそも、貧乏神らしき人に夢を言わない
3つ目は、貧乏神らしき人には自分の夢を語らないこと。
この人には言ったら反対されそうだなって人には言う必要はない。
そうすれば、貧乏神に夢を殺される心配もなくなります。
 
3つの対処法を考えてみましたがどれもいまいちですね。

一時的に人間関係を絶つっていうけど、
これが一緒に住んでる家族や職場の同僚だったら絶対絶てない。
言われてもとことん無視するのは、
できればいいけど、やっぱりなかなか難しい。
そして、夢を叶える方法は
人に言いまくることだから、貧乏神を恐れて夢を言わないってのももったいない。
 
そう考えたら、貧乏神への真の対処法ってたった1つしかないんです。


貧乏神への真の対処法:受け取り方を変え、夢を叶える力にしよう


それは、自分の受け取り方を変えて、夢を叶える力にしてしまうこと。
辛辣な言葉を言われて凹むんじゃなくて、逆により一層ハートを燃やすこと。
 
情熱の炎を消す「水」ではなく、
炎を燃え上がらせる「油」にするかしかないんです。
そのためには、こんな風に言葉をとらえ直しましょう。
 
@自分のことを真剣に心配してくれている「愛情」だと受け取る
貧乏神は自分があなたに嫌われるリスクを取ってまで、反対してくるわけです。
それだけあなたのことを考え、心配してくれてるってことなんですよ。
そんな存在がいるってことに感謝して、辛辣な言葉も愛情だと捉え直しましょう。
  
A他人と違う「自分の人生を生きてる証」だと受け取る
貧乏神が叩きやすいのは他人と違うことをやろうとする人。
でも他人と違うって超素敵ですからね。
「自分の人生を生きてる証」だと思って、自分を誇りに思えばいいんです。
 
B本気でやりたいのかという「覚悟」を試されていると受け取る
夢ややりたいことをやるってのはそんなに甘くない。
だからこそ、貧乏神の言葉は、自分の覚悟を問われているんだと受け取りましょう。
貧乏神に反対されて諦めるくらいじゃ夢だって叶いませんよ。
自分を傷つけられるのは自分自身だけ。
辛辣な言葉に凹むくらいなら、前に進むエネルギーに変えてやろう
貧乏神は他人です。
他人は変えられないから、貧乏神を変えることはできません。
でも自分を変えることならできます。
だから貧乏神の言葉をどう受け取るか、というその意識の部分を変えましょう。
 
1つ大事なことを言いますね。
貧乏神があなたを傷つけてるんじゃないですよ。
あなたがあなたを自分で傷つけてるんですよ。
 
貧乏神がいくらひどいことを言おうが、
それによって心を傷つけてることを許してるのはあなた自身なんですよ。
 
意味わからないですかね?
例えば、大学を途中で辞めた人が「大学を中退してるんですね」って言われた時。
それによって傷つく人もいれば、何とも思わない人がいます。
 
この違いは「大学を中退したこと」に対する意味づけの違いなんです。
大学を中退したことを悪いことだ、だめなことだと思ってれば、傷つく。
逆に大学を中退したことを何も思っていなかったら、傷つきません。
 
もし貧乏神が「おまえにゃ無理だ」「諦めろ」「できっこないよ」って言ってきたとする。
それに対して、あなたが傷つくってことは、自分でも少しそう思ってるってことなんです。
自分が思ってることを他人に面と向かって言われるから傷つくんですよ。
 
だから意味づけを変えて、受け取り方を変えましょう。
貧乏神の言葉は自分への「愛情」で、
「自分の人生を生きてる証」で、「覚悟を試すもの」だと受け取りましょう。
そして、自分を凹ませる言葉ではなく、自分を奮い立たせる言葉だと思えばいい。
そうすれば、彼らの辛らつな言葉は夢を叶える力に変わっていきます。
 

自己投資についてまとめてみました。
「自己投資について」


fromタル



ランキング参加中です♪
クリックお願いいたします。m(_ _)m
今日の順位は、何位?

人気ブログランキングへ
posted by タル at 18:53| お薦めや体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする