2017年08月26日

聴いてると寒気とイライラが止まらない嫌いな歌

残念ながら、あなたそれでも歌手?
聴いてると寒気とイライラが止まらない歌があります。
歌を出すの、やめてくれないかな?

そんな歌、3つ。

1. 小池徹平「わかーるわかるよ君の気持ち」
題名は「君に贈る歌」。
この酷いフレーズ、絶妙なメロディーで、
一気に寒気をUPさせるこの歌。
一時期、これでCMに出ていたもんだから、最悪でした。
よくこんな気持ち悪い歌作れるな......
わかられたくもないし。

2. 遊助「ぶんぶんぶん ハチが飛ぶ」
題名は「ミツバチ」。
童謡「ぶんぶんぶん」をモチーフにした歌。
童謡をなぜ題材にして歌うの?
Amazonでも酷評の嵐。
童謡を混ぜても俺は歌を作れるぜ、
どうだ才能あるだろっていう遊助のアピール?
彼がぶんぶんぶんと歌うCMが流れる時がありますが、
いかんせん歌がひどすぎて
気持ち悪くてチャンネル変えてます。

3. オーイシマサヨシ「ようこそジャパリパークへ」
けものフレンズに提供した歌を、自分がカバー。
カラオケか?ってくらい歌が酷い。
この歌は、人気アニメ声優の尾崎由香さん達が歌ったから
売れたという印象しかなくて、よりによって、
それをオジサンが歌っても、ただただ気持ち悪い。
出す必要のないCDでした。
CDに出してヒット曲に乗っかり自分も売れたい、
酷い歌手というイメージです。



彼らみたいなのが前面に出てこないよう、
実力のある歌手が沢山出てくる音楽業界を望みます。
音楽業界の攻略方法


fromタル



ランキング参加中です♪
クリックお願いいたします。m(_ _)m
今日の順位は、何位?

人気ブログランキングへ
posted by タル at 15:32| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする