2017年08月27日

記憶力を上げるための復習の頻度

勉強後に復習を行なっていますか?
復習はとても大事です。

誰でも学校に通っていたのなら
復習した事がない人はいないはずです。

もちろん
普段の復習を行わなければ
無駄な勉強時間が格段に増します。
その結果
あなたの合格という通知は
幻想のままで終わってしまい
お金もなく洋服も汚くて外に出掛けられない
魅力のない人のままで一生で終えてしまいます。

つまり勉強するとき
復習をすることだけは
何があっても避けなければならないのです!


無駄のない勉強を続けることで
これを知らない人よりもスムーズに
頭に入り点数も伸びてきます。

なので普段の復習よりも早く
実感することが出来ます。

そのことにより今まで以上の
効果が得られ試験一週間前には
余裕で合格圏に入っています。

その結果あなたは銀色のポストに
白の封筒で合格通知が届き
収入に左右されない生活が始まります。

無駄に勉強時間を
費やしたくないですよね?

収入に左右されない生活を
送りたいですよね?

そうなりたくありませんか?

そのために
今回あなたに教えること。

それは
「忘却曲線を利用して復習」です。

なぜ忘却曲線を利用しての
勉強が効果的かと言うと
私たちが普段使っている脳は
記憶する際
海馬という短期記憶を司る部分が
必要な情報か不必要な情報か判断します。

必要な情報は長期的に記憶される
大脳皮質というところ送られます。

一度や二度の学習では脳が
不必要な情報と判断し忘れます。

つまり、
何があっても
最低復習は三回以上
行わないといけないのです。

これはドイツの心理学者
ヘルマン・エピング氏によるもので
意味の無い3つのアルファベットの
羅列を実験対象者に沢山覚えさせて
どのくらいのスピードで忘れていくかを実験したところ

20分後に42%
1時間後に56%
1日後に74%
一週間後に77%
一週間で8割、学んだことを
忘れてしまうという研究結果が出ています。

では
どのように勉強後に
復習すると効果的な
学習を得られる方法としては

ステップ1
勉強した直後に5分復習をする
↑(多くの人はここが出来ていない)

ステップ2
一日後に10分復習をする

ステップ3
一週間後に10分復習をする

ステップ4
二週間後に3分復習をする

実践することで
記憶の定着率は格段に高まります。



記憶するためのメカニズムの根本から見直した
脳を鍛える記憶術の生みの親。
川村明宏先生のベストセラー商品は、
他にも記憶術や速読術などがあります♪
川村明宏先生のベストセラー商品
TARU'S DOOR

fromタル



ランキング参加中です♪
クリックお願いいたします。m(_ _)m

人気ブログランキングへ
posted by タル at 19:48| お薦めや体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする