2019年09月20日

告白前のスキンシップ

好きな女性と関係を発展させる為には
メールやLINEのやりとりをしているだけでは、
発展する事はありません。


もちろん
ある程度メールやLINEのやりとりでも
仲良くなれますが
それ”だけ”では
女性を落とすことはできないわけです。


やはり
好きな女性と関係を進展させるためには
「デート」をする必要があるわけです。


ということで
今回の記事は
デートの仕方について
お話していくわけですが
あなたはデートで
何をすれば女性と
付き合うことができると思いますか?



・・・・・・・・。



ここで
「三回ぐらいデートをした後に、告白をする」
などと思ったかもしれません。


確かに
三回というデートの回数は
うまくアプローチしていけば
早すぎず、遅すぎず
ちょうど相手の女性と
仲が深まっているころです。


また、「告白をする」ことも決して
間違いではありません。

ですが、多くの男性というのは
好きな女性と三回ぐらい
デートした後に告白するも
あえなく撃沈してしまっているわけです。

つまり
「三回ぐらいデートをした後に、告白をする」
ということは
正しくもあり
間違っていることでもあるのです。


では、好きな女性とのデートにおいて
一体どうすれば
付き合うことができるのでしょうか?


そこで今回は
デートで好きな女性との関係を
進展させるための”最も重要な行為”
についてお話していきます。


ぜひあなたも今回のお話をふまえて
好きな女性とのデートで
確実に二人の関係を進展させていきましょう。





■デートで好きな女性との
  関係を進展させるための”最も重要な行為”

まず、結論から申しますと
好きな女性との関係を
進展させるための”最も重要な行為”とは、


“スキンシップ”


です。


“スキンシップ”とは、つまり
手をつないだり
ハグをしたり
キスをしたり、体の関係を持ったり
などといった行為です。

一般的な大人の女性であれば
その様なスキンシップは
彼氏や特別な関係の男性としかしません。

ですから、デート中に
こちらがスキンシップを仕掛けて
女性に受け入れさせることができれば

「私たちは特別な関係なんだ・・・。」

などと
感じさせていくことができるわけです。

それとともに
女性の中でこちらへの
恋愛感情が芽生えてくるわけです。

そして、最終的に
キスをしたり、体の関係を持ったり
などといった
二人の関係が決定的になるような行為をすれば
女性はこちらのことを
特別視せざるをえなくなるわけです。

女性というのは
自分が悪者になりたくない生き物ですから
相手の男性と体の関係を持ったからには

「私は誰とでも寝るような軽い女じゃない。
 この人のことが好きだから関係を持ったんだ。」

などと
自己を正当化する意味でも
頭の中で都合よく解釈するわけです。

つまり
普通の感覚の女性であれば
キスをしたり、体の関係を待ったからには
相手の男性に対して好意を
持たざるをえなくなってしまうわけです。

ですから
スキンシップは
デートでやるべき最も重要な行為と言えるわけです。

告白という行為は
実はそれほど重要ではありません。

スキンシップの方が何百倍も重要な行為です。

三回デートして告白するも
フラれてしまう男性というのは

多くの場合において
この”スキンシップ”が不足可能性が高いです。

というわけで
スキンシップは
デートでやるべき最も重要な行為なのですが
これを仕掛けるにあたっては
注意しなければならないことがあります。

それは
こちらが仕掛けたスキンシップを
女性から拒否されずに
受け入れられなければならないということです。


やはり
こちらがスキンシップを
仕掛けようとしても
それを女性から拒否されてしまっては
女性から嫌われたり
フラれてしまうこともあるわけです。


例えば
手をつなごうとしたら
振り払われてしまったり
キスをしようとしたら
顔をそむけられてしまったり
だからといって
いつまでも手を出さなければ
いつまで経っても二人の関係を
進展させることはできません。


では一体、どうすれば
こちらが仕掛けたスキンシップを
女性から拒否されることなく
受け入れさせることができしょうか?

そして、一体どうすれば
最終的に自分の彼女に出来るのか



・・・・・・・。





ということで次に

“女性にスキンシップを
 拒否されずに受け入れさせる方法”について

お話していきます。


■女性にスキンシップを
  拒否されずに受け入れさせる方法


“女性にスキンシップを
 拒否されずに受け入れさせる方法”とは


“最初は軽いスキンシップからはじめて
 徐々にステップアップさせていくこと”です


つまり、いきなり
ハグをしようとしたり
キスをしようとするのではなく
はじめはもっと軽いスキンシップから
仕掛けていくべきなのです。


最初の軽いスキンシップとは
「肩や肘、膝が当たる」などといった
偶然体がぶつかるような
本当に軽いスキンシップからです。

それなら
女性から拒否されることなく
受け入れられるわけです。

そして
「肩や肘、膝が当たる」といった
スキンシップが受け入れられたら
今度は
「ツッコミを入れる」みたいな
少し親密スキンシップへ
ステップアップさせるわけです。


この様に少しずつ少しずつ親密な
スキンシップにステップアップさせていけば
女性から拒否されずに受け入れられるので
いつの間にか
手をつないだりハグをしたり
キスをしたり、などといった
恋人の様なスキンシップも
受け入れられるようになるわけです。

スキンシップのステップの内容としては
以下の通りになります。


@肩や肘、膝が当たる



Aツッコミを入れる



B頬っぺたをつつく



C髪を触る。頭を撫でる



Dわき腹をつつく、くすぐる



E耳・首筋を触る



F耳の近くで髪の匂いを嗅いでみる



G手をつなぐ



H内ももを手で触る



I頬にキスをする



Jこめかみにキスをする



K首筋にキスをする



L抱きしめる



M口に軽いキスをする



Nディープキス



O体の関係を持つ



この様に
階段を1段1段登るように
徐々にに親密なスキンシップへ
ステップアップさせていけば
最終的には頂上である
「キス」や「体の関係を持つ」に辿りつくわけです。

そして、女性からすれば
キスをしたり
体の関係を受け入れた以上は
あなたのことを特別視せざるをえなくなるわけです。

女性は、体の関係を持ったら
「ねえ、あたしたちってどういう関係なの?」などと
“実質的な告白の言葉”を言ってきます。

これに対して
あなたが相手の女性と付き合いたいのであれば

「そうだな、じゃあ
 今日から付き合おうぜ」などと

答えてあげれば良いわけです。


つまり、体の関係さえ持ってしまえば
こちらから告白するまでもなく
女性の方から”実質的な告白の言葉”を言わせて
失敗することなくノーリスクで
付き合うことができるわけです。

冒頭で
告白という行為がそれほど
重要では無いとお話したのは
このためです。

好きな女性を確実に落とすなら
だいたい2〜5回ぐらいのデートの
間にこなせるようにしてください。

やはり
初デートで体の関係を持ってしまうと
安っぽい関係になりやすく
付き合っても長続きしない場合があります。

逆に
7回8回とデートを重ねているのに
手すらつながなかったら
相手の女性から不思議な人と思われたり
愛想を尽かされてしまいます。

なので
だいたい2〜5回ぐらいのデートの間に

「体の関係を持つ」まで辿りつけるよう

デート中にスキンシップを仕掛けていきましょう。



そして、多くのケースにおいては
3回のデートの間にこなせるよう
プランニングしていくと計画が立てやすいです。



例えば
1回目のデートの終わりまでに、手をつなぐ
2回目のデートの終わりまでに、キスをする
3回目のデートの終わりまでに、体の関係を持つ



といったように
三回のデートの間に
確実にスキンシップのレベルを上げていって
最終的に体の関係を持つわけです。


この様にスキンシップの
計画を立てることにより
デートを重ねる度に
確実に二人の関係を進展させることができ
三回目のデートでは
女性の身も心も手に入れることができます。


冒頭で
三回目のデートぐらいが
女性と付き合うタイミングだとお話したのは
このようにスキンシップを
ステップアップさせていくとが前提にあるわけです。


逆に
デート中に全くスキンシップを仕掛けずに
ただ三回デートをして告白しただけでは
フラれてしまうことが多いわけです。



「スキンシップ大百科」




その他、告白する時のコツ、まとめました。
告白は良い雰囲気で
TARU'S DOOR


fromタル



ランキング参加中♪クリックお願いいたします。m(_ _)m

人気ブログランキングへ
posted by タル at 23:59| お薦めや体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする