2019年09月29日

モテる三十代男性の特徴

実は30代男性は
20代女性にモテる事をご存知ですか?

イケメンでもブサイクでも関係ありません。
年齢だけでモテる3つの理由を紹介します。


私の周りの女友達が付き合っていたのは
「バイト先のマネージャー」や
「OB訪問先の社員さん」など。
割と身近な存在かつ特別
イケメンというわけでもない
いわゆる普通の男性です。


でもその女友達は
「別に顔はイケメンってわけじゃないけど、
 なんか良いんだよね」と
口を揃えて言っていました。



なぜ30代男性は20代女性に
これほど人気なのか?
その魅力とはなんでしょう?



@経済的余裕

20代の時は自分が
生活するお金とちょっとだけ遊ぶお金で精一杯。

仕事に慣れて
ある程度の収入を得るようになる30代は
お金の余裕もあって質の良いものを
手に入れることができますよね。


平均よりもちょっとだけ
おしゃれなところ
高級なところに連れていってもらえるだけで
女性は特別感を感じられます

しかもモテる30代は
お店選びのセンスも最高。
知り合いのモテモテの男性は
女の子を食事に誘う時にこうやって聞きます。

「静かでゆったりできるイタリアンと
 ちょっとにぎやかだけど
 おしゃれな和食どっちが良い?」と

選択肢の幅も広いのです。



A精神的余裕
たくさんの経験をしてきたからこそ
その場その場での対応ができる30代。

仕事で嫌なことがあっても
自分の気持ちをコントロールできるのが
モテる30代男性の魅力。

自分が何か嫌なことがあっても
包み込んでくれる包容力を感じるから
思わず頼りたくなってしまうものです。

余裕があるからこちらの話も
「うんうん」とキチンと聞いてくれて
共感してくれたりするのです。



B 仕事ができる
高校、大学を卒業して
働きはじめて10年経ってバリバリ活躍してて

会社の人から頼られている時期。
モテる30代の男性は仕事ができる人ばかり。

常に結果を残すために
自分の仕事に責任を感じ
仕事を頑張っている姿はかっこよく映ります



C自信がある。
会社でポジションを持っていて
一見成功している人も
その裏には何度も仕事でミスをし
上司から怒られたり
中々結果がでなかったりするものです。

その辛い経験を乗り越えられたのも
「できる。やるしかない」
と前向きに自分の力を信じてきたからです。

30代に限らずモテる男性は
常に自信を持っています。



D会話を楽しめる
女性は楽しい会話ができる男性が大好きです。
面白い話ができる男性は
大抵聞き上手だったりします。

年下の20代女性から見たら
経験豊富で興味深いし
なにか困った事があっても
すぐに解決してくれそうと
期待もあついのです。




モテる30代男性の余裕の裏側には
くだらないプライドは出さない
というプライドが隠れています。

30代男性ともなると中々
自分の非を認めたり
ものを知らないことを
素直に言えない男性が多いものです。

モテる30代男性というのは時に
自分のプライドを捨てることができます。

「知らない」
「分からない」
「あれは失敗だった」

自分の無知さ・失敗を人に晒すのは
歳を重ねるに連れて
中々言えなくなってしまうものですよね。

しかし、モテる30代男性は女性の前でも
この3つをきちんと言えることで
自分の無知、失敗を包み隠さず相手に
親近感を持たせることができるのです。




夜の営みの面でも20代女性と30代男性の相性はバッチリ。

女性が20代から性欲が徐々に上がってきて
男性は20代前半をピークに徐々に落ちていきます。

35歳以上の男性と25歳の女性の性欲が
だいたい同じ強さと言われています。


ということは?


20代女性と30代男性は
性欲の強さレベルがだいたい一緒になります。
夜の営みの頻度で揉めることも少ないです。

よく女性は身体のつながり以上に
心のつながりを求める傾向があります。

30代男性自身もだんだん性欲が
落ちてきて
心のつながりを大切にしている人が多い!
という点で
20代女子とマッチします。


独身男性の方々、全てを諦める前に、
もう一度、チャレンジしてみませんか?
30代後半独身男性も、【恋愛経験なし・ブサ男・素人童貞】など
19人中 17人に彼女ができ 9人が結婚した!
『婚活プラチナ倶楽部』


19800円。電子書籍。音声教材。
返金保証、豪華特典有。


上記以外に、
好きな人に振り向いてもらう為の方法を
5つ、無料で提供します。
好きな女性に振り向いてもらう方法


fromタル



ランキング参加中です♪
クリックお願いいたします。m(_ _)m
今日の順位は、何位?

人気ブログランキングへ
posted by タル at 14:45| お薦めや体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする