2017年11月18日

勉強の際、必要な休憩、散歩

あなたは他の人よりやる気があり
学習を続けることが出来ます。

学習を続けることで効率の良いが
やる気のない周りの人より
点数を伸ばすことができ、
点数が伸びることであなたの
勉強が大変楽になり点数も右肩上がりになります。

右肩上がりになることで
一週間前には合格圏に到達、
そして一日前には安全圏に到達します。

安全圏に到達することで
落ち着いて試験に挑む事ができ、
一ヵ月後頑張った人にだけ
届けられる合格通知が届きます。

無駄にしたくないですよね?
やる気を高める方法を知って合格通知が欲しいですよね?


そのために今回教えることは

「散歩」

をすることです。

なぜなら
勉強する際
どんなに計画を立てておこなっても
集中力がなくなるので
集中し続けることができません。

その際に散歩をすることで
集中力が取り戻せるのです。

これは散歩することで
脳からドーパミンが分泌されます。

ドーパミンは脳内ホルモンのひとつで
生きる意欲を作るホルモンと言われており、
うれしいことがあったり
気分がいいときに分泌されます。

学習意欲を維持するのにも
重要と言われており
勉強の集中力を取り戻すために
散歩は欠かせないのです。

では
どのように散歩を行うかというと

STEP1
散歩時間は10分を目安
※長くても15分

STEP2
複数の散歩ルートを作る

※いつも同じ道を通る事で
 ドーパミンの分泌が
 とぼしくなるので

STEP3
いつもと違う服で散歩にでる


散歩ルートも複数作っても
脳への刺激が乏しくなります。


その時は自分自身を変えることで
周りからの視線を気にし
それが刺激になることで
ドーパミンが分泌します。  



もっと勉強法を知りたい方のためにまとめました。
何事も勉強し勉強する!勉強の方法


fromタル



ランキング参加中です♪
クリックお願いいたします。m(_ _)m

人気ブログランキングへ
posted by タル at 18:42| お薦めや体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする