2017年06月14日

楽器を弾く時の姿勢

楽器を始めたての段階で
このポイントに意識を向けることで
他の初心者達に大きな差をつけることができます。

これは楽器のみならず、あなたの生活の中でも
必ず役に立つものです。
男としてのオーラを格上げしてくれます。

そもそも、カッコいい男性と聞いて
あなたは何を思い浮かべますか?


「楽器がすごく上手い。」
「歌声が太くて高音がきれい。」
「人々を惹き込むパフォーマンスができる。」


このような、ミュージシャンとしての
カッコよさ、というのももちろん
すぐに思い浮かぶものだと思います。

「バンドマン」などとジャンルを分けずに
考えてみても、

「顔がイケメン。」
「たくさんお金を持っている。」
「背が高い。」

いろいろあると思います。



特に最後の「背が高い」に関しては
多くの女性が男性に望んでいる条件であり
同時に多くの男性が悩んでいるポイントでもあります。


しかし、この悩み、多くの場合は
あることを意識するだけで
かなりの改善効果が見込めるんです。


姿勢が綺麗な人って美しいですよね。

男の人であれ女の人であれ
姿勢が正しいだけで
多くの人を魅了します。

逆に、どんなに顔が良くても
姿勢が悪い人はなかなか
良い印象を得ることができませんよね。



姿勢は身長や、その人の全体的な
雰囲気に大きな影響を及ぼします。

あなたは
メラビアンの法則
というものをご存知ですか?

簡単にいうならば
「人は第一印象で決まる!」
というものです。

これは普段の生活の中ではもちろん
ライブステージ上や、友達の前で
楽器を弾く時も同じです。

演奏者は
最初の音を弾く以前から楽器を構えた段階で
既に
「この演奏者は上手いのか否か。」
「この人は男として魅力的か否か。」
「この人になら体を預けても良いのか否か。」

利き手である観客や同じ演奏者、
自分に興味を持ってくれるかもしれない
女の子たちから
様々な判断をされています。


逆に、あまり
楽器のテクニックに自信がなくても
ピンッとまっすぐに伸びた背中で
楽器を構えている姿だけで


「この人、楽器上手そう。」
「なんか、雰囲気がクールだな。」
「頼れそうな人。」

このように、
良いイメージを持ってもらえます。

あなたはこれからみるみるうちに
楽器が上手くなっていくでしょう。

しかし、せっかく手に入れた技術が
聞かせる前の段階から

「なんか…下手そう…。」
「ださい男。」
「こいつとはバンド組みたく無いな。」

というレッテルが貼られてしまっていては
どうでしょうか。

泣くに泣けませんよね。

それに加えて
始めたてのうちに正しい姿勢を知ること
これが、何より大切です。

後からフォームを変えることは、
本当に大変で、相当根気が必要になります。


誰にでもスタートラインに立つ瞬間は
一度しか与えられません。

この時点で既に
知っているか知らないかで
良くも悪くも
未来は大きく変わります。

慣れていた体勢をわざわざ崩し
新しい姿勢を意識しながら
手元の演奏にも集中しなければならないのです。


この障害は始めたての演奏者に
とても大きな障害を与えます。

今まで積み重ねてきた練習の成果
今まで弾けていたフレーズや曲が
思うように弾けなくなります。

また正しい姿勢をキープすることに
体が慣れていないので、
すごく疲れてしまいます。

疲れを感じながら弾く楽器なんて
楽しいわけがありませんよね?


楽器の演奏は姿勢が大事です。
俯いて弾いている人は上手に見えません。


何より、悪い姿勢で練習を続けても
最大限の効果が発揮できません。
それは結果として時間を浪費させ
成功へ遠周りをしてしまうことになります。



『背筋がピンと伸びている人の方が、
圧倒的に見栄えがいい。』

これは老若男女、統一された美的価値観なのです。

すごく早いフレーズを弾いていても
背中や首が丸まっていて
口が半開きになっているような人。

たとえ楽器は簡単なことをしていても
背筋が伸びていてまっすぐ前を向いている人。

一体、どちらの方がより多くの人に
「かっこいい」と思ってもらえるのでしょうか?


特に女の子の場合だとこれが顕著に現れます。

楽器をあまり知らない女の子にとって
演奏の内容よりも見た目や雰囲気で
上手そうか下手そうかを判断します。

『上手い楽器=モテる楽器』

という常識はありません。


これを知らずに楽器を始めて
姿勢が悪いまま技術だけが向上し

「ギタリストとしてはみんなに認められたんだけど
 女の子からは彼氏の候補から外されている…。」

みたいな人も多く見てきました。

腕前だけで多くの人を聞き惚れさせる演奏は
相当練習に打ち込んだ
熟練のテクニシャンになれてようやくこなせるものです。


最速でモテるために
必要なことは

日々自分を追い込み
練習に全身全霊を注ぐ。

または、

1日少しでも姿勢を意識して
楽器演奏のみならず日常まとう
オーラを何段階も引き上げる。

どちらがいいですか。


どうせならみんなから認められる
クールな
雰囲気を放つ演奏者になりたいですよね。


最速でモテる、かっこいい演奏を
出来るようになるには
姿勢を正すことが欠かせません。


楽器を持つ正しい姿勢は
一般的に言われている
正しい姿勢から入ります。

パソコンの前に座っているか
スマートフォンを片手に腰掛けているかと思います。

立っている方は、ぜひ近くの椅子に
腰かけてみてください。

早速一緒にやって見ましょう!

背筋の伸ばし方は簡単です。


腹筋に軽く力を入れ
肩を引いて胸を張って見て下さい。


頭のてっぺんから
弦で吊られているようなイメージです。

椅子に浅く腰掛け
おしりから頭の先まで
一本鉄に芯が入っているように
イメージすると感覚が掴みやすいですよ!


足はすべての面が地面と並行に
接していると
姿勢がブレにくくなると思います。


最後にもう一度背筋を意識すると
よりきれいな姿勢に近づきます。

これが楽器を弾くときの正しい姿勢となります。

ポイントは、力が入らないことです。

あまり体に楽器を近づけすぎてしまうと
脇が閉まったりフォームが固くなり
余計な力が入ってしまいます。


これでは練習も上達しにくく
見栄えもよくありませんから注意しましょう。

このような正しい姿勢は
楽器を弾くとき以外でも
必ず自分にプラスになります。


音楽業界に入りたいと考えている方々は
こちらのページも参考にしてください。
音楽業界の攻略方法


fromタル



ランキング参加中です♪
クリックお願いいたします。m(_ _)m
今日の順位は、何位?

人気ブログランキングへ
posted by タル at 19:31| お薦めや体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする