2018年01月09日

女性と話すときの基本術

この基本を知っていると
女性と話せる会話の幅が広がります。

逆にこれを知らないと
会話に困って何を話していいのか
分からずじまいになってしまいます。

雑談とは本来じっくり話をするよりも
ちょっとした空き時間に
何とない話を軽くすることです。

そういった小さな雑談を
繰り返していくことで親睦が深まります。

つまり雑談ができなければ
人と距離を縮めるのに
果てしない時間がかかるということです。

それどころか結局仲良くなれずに
しだいに遠い人になってしまうかもしれません。

雑談ができなければ
誰もあなたと進んで話をしたいとは思いません。

一見意味のない会話にも意味はあるのです。
必要なことしかしゃべらない人間に友達はできません。

では簡単に雑談ができる方法を教えましょう。

あるあるネタを使ってください。
これだけで簡単に雑談ができます。

身のまわりの誰もが体験するような
些細なことを挙げるのです。

あるあるネタを使えば共感を得ることができます。
共感を得ることができれば勝ったも同然。
共感できれば会話は弾むのです。

具体的なやり方は次のとおりです。

まず、身のまわりにあるものから、
あるあるネタを考えます。

そして、そのあるあるネタを
疑問系で相手に振ります。

✔「〜な時〜なことってない?」
✔「〜なことってよくあるよね?」

という感じです。

あるあるネタを使えば共通点のない人とでも
雑談ができるのです。

ぜひ実践してみてください。

「あるあるネタなんて思いつかない」
という場合はお笑い番組を参考にしてみましょう。

普段からあるあるネタを探しておき
思いついたらメモをとっておくといいと思います。


好きな女性と会話する時のコツ、
相手に合わせて話すことについてまとめました。
好きな女性と会話する時は、相手に合わせて話す
TARU'S DOOR

fromタル



ランキング参加中♪クリックお願いいたします。m(_ _)m

人気ブログランキングへ

posted by タル at 23:59| お薦めや体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする