2017年06月13日

楽器の練習時間を増やすために

このことが頭の片隅に
あるだけであなたは
今日この瞬間から
かっこよく楽器を演奏
できるようになるまでの時間を
増やすことができます。

そして本当の意味で、
初心者を卒業する一歩を
踏み出すことができます。

ところであなたは知っていますか?
9割の10,20代の女性が
「楽器が弾ける人ってセクシーだよね!」


このように回答しています。


「楽器が弾ければモテる。」

この考えは間違いではありません。


あなたはこれからステージの上で
多くの観客の前に立ち
女性的本能を直接刺激する
楽器演奏が出来るようになります。


これはあなたが
多くの女性を魅了し
モテる男になるための最初のステップです。



当たり前だと思っているがために
多くの人が気づかないうちに
見落としているポイントなのです。


あなたが他の初心者に
一歩目で大きく差をつけることができる
あなたしか知り得ない考え方です。


第一回目の今日
まずあなたに教えようと思っていることは
ズバリ


「楽器を持ってみましょう!」

これです。


「…うん…。それで?」


「…教えるも何もないじゃないか。」


「お前は何を言っているんだ?」


恐らくそう思われたのではないでしょうか。


誰もが首を傾げると思います。

しかし、楽器を始めたてのあなたにとって
この単純な作業こそが
最初にして最大の難関なのです。


「楽器を練習しよう!!」

と頭では思っていても、
ふと気がつくとスマホ、ゲームに
手を伸ばしてしまっている。


twitterを開いては閉じて
数秒後にはまた
無意識にもアプリを起動している。


「やらないと…!」

と思っていながら2ちゃんねるを開き
ついつい面白い記事を次々と見てしまう…。


もはや依存状態でした。


そして、気がつくと
「あれ、もう3時間以上も経ってたのか…」

こんなことが頻繁にありました。


1日に3時間も楽器を練習することが
出来たはずの時間を
無駄にしてしまっているのです。


1日3時間。


1週間に直せば21時間。


31日間では93時間…。


1ヶ月間に
100時間もの時間を
ダラダラと棒に振ってしまっているのです。


このようなことは誰にでもあります。
あなたも身に覚えがあるでしょう。


そうなのです。
実際、楽器初心者において
最も多い失敗例は

「まず、持たない人が多い。」


これに尽きます。


様々なテクニックや練習に
頭を悩ませ、つまずくよりも以前に
多くの時間を無駄にしてしまっています。



裏を返せば
一度楽器を手にとってしまえば
あとは本当に早いです。


「楽器をやりたい!」
とあんなに目を輝かせていたのに
弾くことすらおっくうになっている。
こういう人が多くいます。


でもこれ
自身に問題があるとは
思ってはいないんです。


やっぱり、ゲームをするのは楽しいですし
twitterや2ちゃんねるの記事に目を通すのも
すごく興味心をくすぐられますよね。


あなたは何も悪くありません。


罪悪感を持つ必要は
全く無いので安心してください。

1つだけ確実に言えることは

「楽器の楽しさを、まだ知らないだけ。」


なのです。

一度楽器を手に取ってもらえれば、
多くの人は練習を始めてすぐに
「楽器って楽しいじゃん!」
と言ってくれました。

今後のことは
何も心配することはありません。


楽器を手に取りましょう。

方法は至って単純です。

あなたの部屋に置いてある楽器。

それに触れてみて下さい。

正しい持ち方、フォームや姿勢を
難しく意識しないで下さい。

楽器を手に取り、あなたがイメージする
持ち方を自由にしていただければと思います。



音楽業界に入りたいと考えている方々は
こちらのページも参考にしてください。
音楽業界の攻略方法


fromタル



ランキング参加中です♪
クリックお願いいたします。m(_ _)m
今日の順位は、何位?

人気ブログランキングへ
posted by タル at 21:13| お薦めや体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする