2017年11月05日

勉強の際の場所の転換

あなたは勉強する上で
何が大切かわかりますか?

もちろん問題を解く、
理解することも大切です。

それよりも一つ気をつけるだけで
あなたは周りの人より劇的に変わる方法をお伝えします。

この方法を実践したら
要領の良い勉強が出来ます。

要領の良い勉強を
続けることでこれを知らない人より
2点、4点というわずかな伸びではなく
10点、20点という大きく
点数を伸ばすことが出来て、
より勉強しているんだと実感することができます。

そのことにより今まで以上の
効果が得られ試験一週間前には
余裕で合格圏に入っています。

その結果あなたは銀色のポストに
白の封筒で合格通知という
文字を目にすることが出来ます。


今回お伝えすることは

「場所を変えて学習」

することです。

なぜ場所を変えて学習が効果的かというと
机の前に座っていくら
考えても思い浮かばなくて
他の場所にいるとき
ふと思い出すことがあると思います。

それは移動したり環境を変える事で
θ(シータ)波が分泌され、
それで記憶力が良くなります。

これは
1970年代半ば、
3人の心理学者が
ミシガン大学で研究し、
学生を集めて4文字からなる
40の単語を覚えてもらう実験を行い、

グループAの学生には
10分の学習時間を数時間
あけて2回与え、
半数は地下にある雑然とした
小さな部屋で覚えさせ
残りの半数は窓から庭が
見えるきれいな会議室で覚えさせ、
グループBの学生にも
10分の学習時間を数時間あけて2回与え、
2回のうち1回目の学習は
地下で行い2回目の学習は
窓のある部屋で行なった。

2回目の学習時間が終わると
テストを行い
すると、点数に著しい差が生じました。

同じ部屋で勉強した
グループAの学生は40の単語のうち平均16個の正答率に対し
違う部屋で学習した
グループBの学生は40の単語のうち平均24個と

正答率が約40%以上増えていることが
データとして出ています。

ではどのようにして勉強を行うと効果的かというと

初日目
 机で勉強を行う。

※この時邪魔になるものは
 もちろん置かないこと

次の日
 リビングでの勉強

※この時スタバで勉強
 でも構いません

次の日
 トイレで勉強

※この時図書館で
 勉強でも大丈夫です。

というように必ず部屋を変えること!

このように部屋を変えて
勉強することでシータ波が
分泌され記憶力の向上します。



もっと勉強法を知りたい方のためにまとめました。
何事も勉強し勉強する!勉強の方法


fromタル



ランキング参加中です♪
クリックお願いいたします。m(_ _)m

人気ブログランキングへ
posted by タル at 19:18| お薦めや体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする